応募フォーム

第5回日本ICT教育アワード

たくさんのご応募、誠にありがとうございました!

応募概要

全国的にGIGAスクール構想が推進されている中、首長や教育長が積極的に教育ICT環境整備に取組み、地域創生や学校活性化につながる優れた事例を顕彰するとともに、その事例を広く全国に周知し、教育DXをさらに推進するコンテストです。これまでに受賞した自治体では、知名度がアップするとともに、まちの活性化につながった例が多数報告されています。
ぜひ、日本ICT教育アワードに応募し、あなたのまちの魅力を発信してみませんか。

【 主催 】全国ICT教育首長協議会
      ※ICT教育を推進する自治体首長で構成する協議会。現在約130自治体が加盟

【 後援 】文部科学省 総務省 経済産業省 (予定)

【 賞 】 文部科学大臣賞 総務大臣賞 経済産業大臣賞 他 (予定)

【 募集事例 】GIGAスクール構想や自治体独自の教育DXでの事例

  • 首長の主体的な行動によりICT教育を推進し、それが地域の活力を与える活動につながった取組
  • 行政と教育委員会が連携してICT教育による教育水準の向上や魅力あるまちづくりを実現している取組
  • Society5.0時代に必要な21世紀型スキルを育成するためのICT環境整備計画や創造的独創的な教育DX実践、教員研修などの取組
  • 企業連携・地域連携・地域横断的な組織が、教育課題を解消することを目指した取組など

【 応募 】締め切りました

【 表彰 】令和4年11月17日(木)国際ファッションセンタービル(東京・墨田区)

【 選考委員 】(順不同)
   一般財団法人日本視聴覚教育協会会長 大久保昇
   関西大学教授・奈良教育大学名誉教授 小柳和喜雄
   一般社団法人ICT CONNECT 21会長・東京工業大学名誉教授 赤堀侃司
   一般社団法人日本教育情報化振興会会長・上越教育大学監事 山西潤一
   全国ICT教育首長協議会特別顧問 毛利靖